【できない】Twitterのスペースの使い方【iPhone・Android】

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

最近、Twitterに「スペース」という機能が追加されました

要は音声のみでコミュニケーションを取ることができる機能です

看護師Twitter界隈では私が1番最初に使い始めた(?)自信があります

使い方についてまとめていきます

スポンサーリンク




Twitterのスペースの使い方

やり方は2通りです

・右下のツイートボタンを長押しして紫色の台形マークをタップ

・自分のアイコンをタップしてスペースを選択

これですぐに始められますスペースにはタイトルもつけることが可能です

しかしスペース機能を開始するには条件があるようです

1.フォロワーが600人以上
2.鍵アカウントではない

鍵アカウントでも既に展開されているスペースには入ることはできますが

自らスペースを立ち上げることはできません

フォロワー数も600人とは言われていますが

それ以下でもスペースを立ち上げることができる人もいるので

ランダムに決められている説もあります

スペースには

ホスト、スピーカー、リスナーという3つの役割があります

ホストはスペースを開始した人です

リスナーをスピーカーにしたり

スペースから人を外すこともできます

例えばみんなで会話をしている中で

不適切な発言をする人が出てきた場合などに有効な機能です

スピーカーは会話に実際に参加できる人です

遅延なくリアルタイムで会話を展開できます

リスナーは会話を聞くだけです

スタンプ機能があるので会話に対してリアクションはできます

スペースは開始したらツイートをすることで共有できます

さらにホスト、スピーカー、リスナーに関わらず

スペースに参加するとTwitter上部に紫色の枠組みで表示されます

フォロワーが多い方が参加すると

聞く人が一気に増えることがありますが

それはそのためです

機能としては完全にclubhouseと丸かぶりなのですが

話す人がホストを含め11人と限定されています

加えてバッテリー消費が激しいのと

同じWi-Fi環境で複数の機器を使用していると

通話が落ちやすいという特徴もあります

スポンサーリンク

シンプルに人と話せるのが楽しい

clubhouseの難点は「招待制」でした

Twitterのフォロワー同士で連絡先を知らない人とは

関わることが難しい場面もありましたが

スペースなら気軽にフォロワーさんと話すことができます

スペースを始めてから仲良くなれた人もいますし

今まで話してみたかった人とも

話せる機会が持てるということは良いことばかりです

是非Twitterアカウントがあって

フォロワーが600人以上いる鍵垢ではない人は試してみてください

ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました