ツアーナース、イベントナースとは【働くメリット】

看護師まとめ
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

看護師の働く場所には様々あります

病院、在宅、クリニックなどなど…

その中でもツアーナース、イベントナースと呼ばれる人達がいます

その働き方とメリットについてまとめていきます

スポンサーリンク




ツアーナース、イベントナースとは

ツアーナース

その単語の通り、旅行などに同行して旅行者の体調管理を行う仕事です

学生の修学旅行から一般客の旅行まで種類は様々です

病院からも出張扱いで、患児の旅行などに同行していく看護師が何人かいました

・イベントナース

ロックフェスや花火大会などで参加者の対応をします

基本土日祝の勤務になります

体調を崩す人がいなければただボーっとしているだけで終われますが、夏フェスなどでそんな怪我人体調不良0で終われることはほぼ0%といっても過言ではないでしょう

給与は日給制であることが多く、1万〜1万5千円/日くらいです

正社員で働ける場所もあるそうですが、あくまで旅行代理店のスタッフという立ち位置になるため看護師だからと言って特別給料が高い訳ではなさそうです

スポンサーリンク

ツアーナース、イベントナースのメリット・デメリット

○メリット

旅行に同行する訳なので、旅費を負担する必要がありません

旅行ができてお金はかかるどころかむしろ貰える!となれば旅行好きにはもってこいだと思われます

基本的には日給制なので単発で自分の空き時間を利用して稼ぐことができます

○デメリット

旅行とはいえ仕事なので、拘束時間と考えると朝から夜まで長いです

求人も他に比べて頻繁に出ている訳ではないので、安定収入とするには頼りない面があります

常勤で働きながら休日に行くのが1番安定していると考えられます

求人サイトで募集が出ていることもあります

看護師専門の転職支援サービス

頼れる医療者が他にいないパターンもあるので、患者の状態を1人で判断をしないといけない場合もツアーナースにはあります

「私は能力がないからできない…」となるか

「いや、旅行で体調崩すなんてたかが知れてるから大丈夫でしょ!」となるかはその人次第です

この世間の状態では旅行する団体がそもそもいないかも知れませんツアーナース達が気軽に働ける日が早く来てほしいと願うばかりです

ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました