【医師】東京女子医大のコロナ離職について【看護師】

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

昨年看護師業界を騒がせた東京女子医大ですが

こんどは医師が大量に辞めることになりそうです

コロナで業績も悪化する中

労働環境が悪くなれば離れていく医師が増えて当然です

医療制度の問題が浮き彫りになっていると感じます

その内容をまとめていきます

スポンサーリンク




東京女子医大のコロナ離職について

昨年の看護師大量離職は

過酷な労働状況にも関わらず

ボーナスカットや上層部の職員を大切に扱わないスタンスが透けて見えたのが要因でした

今回の医師の場合は

病院が打ち出した働き方改革が肝でした

外勤をしなければ給料はそのまま→外勤分の給料が減る
外勤をしたらその分基本給が減る→結果的に収入が下がる

どの選択肢にしても収入が減るということになります

病院は人件費をカットしたい訳です

「外勤しなくて給料変わらないならそれでいいのでは?」

と考える人もいるかもしれませんが

病院で働く時間が延びたのに

給料が変わらないということは

結果的に賃金が減っているということです

こんな状況になれば職場を離れるという選択をするのは至極当然かもしれません

病院の経営陣と現場で働くスタッフの理想の乖離が見られます

ある程度ポストのある医師はまだしも

まだ若手の医師はさっさと職場を変えてしまうのも分からなくないです

スポンサーリンク

コロナで現場を離れる人を責められない

「残された人のことを考えないのか」

こういう意見を退職する医療職にぶつける人達が一定数います

これは同じ立場にいる医療職者だとしても言ってはいけない言葉ではないでしょうか

感染リスクと労働環境が待遇にマッチしてなかったら

職場を変えるこれは当たり前です

何もおかしくありません

看護師専門の転職支援サービス

第一、辞める時に文句を言う人達は

自分の人生においては何の保証もしてくれません

職場がどんな状況であれど辞めたい人は辞めればいいんです

病院の利益のシステムを考えるに

頑張っているから賃金を上げようとなるのは中々厳しいです

こうなると国からの補償がないと厳しいです

昨年医療職の人達に5〜20万円支給はされました

しかし、それから2回目の緊急事態宣言

コロナ第2波、3波を超えて

今回は第4波が来そうではありますが

国は何もしてくれません

飲食店に休業を強いるだけ

こんな状況でオリンピックをやるのは中々厳しいです

しかもオリンピックボランティアは無償でやらせるというから開いた口が塞がりません

国民のため…とは言うものの

実際オリンピックをやることで利益を得られる人達がやりたいだけになってる現状が見え透いています

辞めた人達に注目するのではなく

なぜ辞めてしまったのか

病院で何が起きているのかを報道し

補償をしてほしいと強く願います

ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました