【嘘】プロテインのゴールデンタイムは本当なのか【古い】

ダイエット知識
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

プロテインを日常的に摂取している私なのですが

プロテインを飲まない人でも

“プロテインのゴールデンタイム”

というフレーズを聞いたことがないでしょうか

「運動後30分以内にプロテインを飲むこと」

なんとなく聞いたことがある人も多いはずです

しかし、10年以上前から言われていることですが真実なのでしょうか

詳細をまとめました

スポンサーリンク




プロテインのゴールデンタイムは本当なのか

ダルビッシュ有選手をはじめとする

多くのアスリートの指導をされている山本義徳先生曰く

アスリートのための最新栄養学(上)

トレーニング70分前にプロテインを飲むことが大切になります

こうすることで

運動中の血中アミノ酸濃度が高い状態でトレーニングできます

70分前に飲んでトレーニング後にまた飲めばいいのか?

というとそれは少し違います

トレーニング直後に飲む人も多いですが

トレーニングが終わった後は

使用した筋肉に血液が流れているため

胃腸に血液が集まりません

つまり、消化機能が弱まります

そもそもトレーニング後に急いでプロテインを取るよりも

1日の総摂取タンパク質

意識することが大切です

1日120gのタンパク質を

取らないといけない人が

トレーニング後に40g

タンパク質だけを摂って満足してたら

身体は変わっていきません

まさに

「木を見て森を見ず」状態です

スポンサーリンク

プロテインのうまい使い方

ゴールデンタイムを意識して

トレーニング30分後に急いでプロテインを摂るよりは

トレーニング70分前に摂取して

トレーニング中の血中アミノ酸濃度を高めておく方が大切です

トレーニングが終わり

30分後に食事を取れる環境であれば

無理にプロテインを取る必要はなく

食事からタンパク質をとるのがいいでしょう

仮にトレーニング後から

1時間以上食事が取れないということであれば

プロテインを飲みましょう

さらに徹底するなら

トレーニング直後に

筋分解を防ぐグルタミンを取り

その後30分後にプロテインを取り

その1時間後に食事からタンパク質を摂取します

せっかくプロテインを取るのだから

効率的な方法を

意識したほうがいいでしょう

「プロテイン飲みすぎると腎臓に悪い!!」

という人は

きっとタンパク質の摂取量を

計算したことがない人だと言えます

例えば

120g分のタンパク質を取るには

鶏胸肉が約600g

これを毎日続けるわけです

これだけでも大変なのは

分かると思います

プロテインドリンクだけで摂るにも

一杯20gを250ml程度の

水に溶かすので

1L以上毎日飲まなければいけません

つまり

タンパク質を摂りすぎる

という状態に持っていくのは

かなり大変です

かなーーり意識して取らない限り

その状態にはなりません

気にすることなく

プロテインを飲みましょう

今日まとめた摂取方法も

今後研究が進めば

「古い」と言われてしまう時がくるかもしれません

日々知識のアップデートを忘れないようにしたいものです

ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました