【全身】筋トレの部位別の組み方【順番】

ダイエット知識
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

筋トレを始めた人が必ずあたる壁が

「どの種目からやればいいんだろう?」

ということです

上級者になると

「胸の日」

「肩の日」などで

部位を分けてトレーニングする人もいます

初心者、中級者にオススメの

トレーニングのメニュー作りについて

まとめていきます

ジムに通い始めたはいいけど

何をすればいいか分からないという人は

最後まで読んでいってください

スポンサーリンク




筋トレの部位別の組み方

ひと昔前は1日1部位

やる方法が流行っていたそうです

1週間で6分割です(1日休み)

しかし

それでは身体に刺激が

足りなくなると言われています

というか

そもそも毎日毎日トレーニングできる

状況にある人は少ないです

そこで初心者にオススメするのは

一度のトレーニングで

全身を鍛えることです

例えば

ベンチプレス

懸垂

スクワット

これらを10回3セット

これを週3回ほどで取り組めばいいでしょう

初心者のうちは追い込むのも

得意では無いはずなので

やり切っても

「意外と楽だな」となるかもしれません

最初はそれでいいんです

なぜなら

「辛いからもうやりたく無い」

とならないようにするためです

しばらくはこのメニューで

継続してジムに行くという

習慣を身につけましょう

スポンサーリンク

中級者になったら分割法

ある程度コツを掴むと

上記の方法ではなく

分割法に取り組んでみましょう

分け方は色々あるのですが

A:大きい筋肉の日(胸、背中)

B:小さい筋肉の日(肩、腕)

C:脚、腹筋

こんな感じです

A→休み→C→休み→B→休み→A…

1回のトレーニングで

傷ついた筋肉を回復させるには

4〜5日かかると言われているので

このくらい開ける方がいいです

また

プッシュプル

と呼ばれる方法もあります

要は物を

“押す”種目“引く”種目

分けてやる考え方です

プッシュの日は

胸筋、上腕3頭筋など

プルの日は背筋、上腕2頭筋など

残りの日は脚と肩です

どんなに効率の良いセットの組み方をしても

継続をしなければ意味がない

ということを忘れずに

日々のトレーニングに励みましょう

パーソナルトレーニングジム Body Impact plannner

三日坊主で終わる人が大半ですが

「今日だけ頑張る!」

これを毎日積み上げられたら勝ちです

ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました