エナジードリンクの効果と比較

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

夜勤とは切っても離すことのできない病棟看護師にとって

「エナジードリンクは欠かせない!」

という人は少なくないのではないでしょうか

かくいう私も夜勤をやっていた時は毎回「モンスターエナジー」を飲んでいました

その効果と果たして本当に飲む意味があるのかを含めでまとめています

スポンサーリンク




エナジードリンクの効果

一般的に言われている効果は以下の通り

・眠気解消

・集中力アップ

どのエナジードリンクにも共通しているものがこの2つではないでしょうか
ここで成分にも注目してみましょう

スポンサーリンク

エナジードリンクのカフェイン

代表例のレッドブルに注目してみます
1缶(185ml)の場合

カフェイン…80mg

アルギニン…222mg

ビタミンB2…0.2mg

ビタミンB6…3.7mg

カフェインには集中力アップと覚醒効果があります

アルギニンは血管拡張作用効果があります

ビタミンB2は脂肪代謝において重要です

ビタミンB6はアミノ代謝に役立ちます

この4つ以外にも多くの成分が入っています

ここまで聞くとレッドブルがかなり有用に思えると思いますが一旦掘り下げてみましょう

スポンサーリンク

体に必要な成分量

缶1本にカフェインが80mg入っているレッドブルですが、ここでコーヒーと比較しましょう

同じ量で計算するとコーヒーのカフェイン量は約110mgになりますコスパという観点でみたらコーヒーに軍配が上がると思われます

「でも、コーヒーにはビタミンやアルギニンが入ってない!」

という声が聞こえてきそうですねアルギニンはg単位で取らないと意味がないです

ビタミン類も同様で必要量の10分の1以下の量しか入っていません

「これを摂るだけで○○(食材)の10個分の栄養素!」

こういう謳い文句を誰もが聞いたことがあると思います

インパクトはありますが、その食材で身体に効果を出すためには100個分は摂らないと意味ないよ〜なんてこともザラにあります

栄養やビタミンが入ってるからと言ってもそれに意味があるかは別問題です

スポンサーリンク

エナジードリンクの比較

レッドブルを抜いて1番人気と言っても過言ではないモンスターエナジーの成分表を見てみましょう

モンスターエナジー(355ml)

カフェイン…142mg

アルギニン…444mg

ビタミンB2…2.5mg

ビタミンB6…2.8mg

モンスターエナジーの方が量が多いのでレッドブルには勝っていますが、カフェイン量ではコーヒーには勝てません

同じ量にしたらコーヒーのカフェイン量は200mg近くになります

スポンサーリンク

エナジードリンクの意味

眠気覚まし!集中力アップ!を狙うのならあまり意味はないです

コーヒー飲んだ方が効果的なのは間違いなく、プラセボ効果が大いに影響していることは間違いないでしょう

あまり良いことは書きませんでしたが

「いや、効果とかそんなの気にしないで味が好きなんだ…」

という人は気にせず飲んでもらえればいいと思います

モンスターエナジーは“魔剤”というネットスラングがついているくらいの中毒性もあるので飲む量はほどほどにしましょう


ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました