ダイエットに筋トレが必要な理由【体重増える?】

ダイエット知識
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

ダイエットを人に指導する際に、必ず伝えていることがあります

「筋トレも必ずやりましょう」

これです

ダイエットといえばランニング、ジョギングといった有酸素運動が思い浮かびますが

筋トレを一緒にやることもオススメしています

「筋トレをやると体重増える!」

という人は多いです

決して筋トレのせいで太る訳ではありません

その理由も含めてまとめていきます

スポンサーリンク




ダイエットに筋トレが必要な理由

「やせたい!」という人の中に

「何でもいいから体重の数値が落ちればそれでいい」という人は中々いないと思います

同じように

「身体の筋肉も無くなっていいから痩せたい」

という人もあまりいないでしょう

つまり、筋肉を残しながらやせていく必要があります脂肪を減らしていけばいいわけです

体重計には体脂肪率を測れるものもあります

オムロン 体重体組成計KRD-703T カラダスキャン KRD-703T

正直、こういった安いものでは精度が不十分です

タニタ 体重 体組成計 日本製 BC-705N WH 自動認識機能付き/測定者をピタリと当てる

しかし、高いものを買う勇気はあまりない…という人も多いでしょう

そういう人ほど、筋トレをしておけば

筋肉が少なくなっていないかどうかを確認しながらダイエットをしていくことができます

「筋トレをすると太る!」という人に共通していることはただの食べ過ぎだということです

ちょっと筋トレしてすぐ筋肉がついたら苦労しません

世の中のボディビルダーの人達に怒られます

脂肪は簡単に増えます

筋トレをしてすぐ太った、という人はただ食べ過ぎであることを覚えておきましょう

スポンサーリンク

自分が扱う重量を記録しておく

例えば、元々ベンチプレスを60kgで10回上げれた人がダイエットをして3kg痩せたとします

体重が痩せてベンチプレス60kgを7回しか上げれなかった場合、筋肉が少なくなってしまっている可能性があります

逆に体重が減ったにも関わらずベンチプレス60kgを10回以上挙げられた場合には筋肉が減らずに体重を落とせていることになります

このようにして体重の低下に伴い

筋トレで扱う重量が下がらないかを確認しながらやることで

筋肉を減らすことなく脂肪を減らすことができます

「ジムには行ってないから家トレしてます」

こういう人の場合は回数で比較しましょう

腕立て伏せを30回やっている人なら、体重が減ってその回数が下がらないかを確認しておきましょう

もちろん、効率を考えるならジムに通ったり、家に器具を揃えることをオススメします

スポンサーリンク

食事9割、運動1割

ボディメイクで常に言われていますが

「良い運動習慣は、悪い食生活に勝てない」です

食事を整えることが何よりも重要です

運動か食事か?という問いをよくされますが、どちらも大切です

タイヤの両輪なので、片方が良ければ良いということはないので身体を変えたい人は頭に叩き込みましょう

ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました