【試合】朝倉未来vsクレベルコイケの結果から学ぶこと【勝敗】

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、柊(ひいらぎ)です

先日総合格闘家イベント「RIZIN」が東京ドームで行われました

実に18年ぶりのドームでの格闘技イベント

そのメインを飾ったのがYouTuber兼格闘家の朝倉未来選手です

朝倉未来 Mikuru Asakura
Bagikan video Anda dengan teman, keluarga, dan dunia

対戦相手のクレベルコイケも

かなりの実力者でどんな展開になるのか話題でした

結果三角絞めでのTKOでクレベルコイケ選手の勝利

この一戦から学べることについてまとめていきます

スポンサーリンク




朝倉未来vsクレベルコイケの結果から学ぶこと

朝倉未来選手は勿論強いファイターなのですが

クレベルコイケ選手もかなりの実力者です

欧州最大のMMA団体のチャンピオンであり

全日本マスター柔術選手権で無差別級優勝の実績もあります

何より戦績27勝のうち23本が一本勝ちという時点で

寝技に持ち込まれると勝ち目がほぼありません

倒されなければ負けない=倒されたら勝てない

こういう戦いでもありました

今回私は結果論ではなく

朝倉選手は勝てないと考えていました

それは朝倉選手の練習メニューを聞いた時です

朝練でスパーリングを2時間だけやる

元々このスタイルらしいです

練習は量では語れませんが

それにしても特別少ないです

前戦で敗北したことに

加えて元K-1選手の魔裟斗選手から刺激を受け

練習量は増やしたそうですが

それでもクレベルコイケ選手とは

積み上げた物が圧倒的に違ったのかもしれません

クレベル選手と戦うには練習の工夫が足りなかったかもしれません

トレーニングはやればすぐに効果が出る物ではなく

うまく勝利に繋がるためには

内容もさることながら選手の練習に対する意識が問われます

結果論にはなりますが

朝倉選手には練習を実践に活かすという練習が足りていなかったのかもしれません

スポンサーリンク

同じことをやるにも技術で差が出る

運動経験がない人の100mダッシュ10本

アスリートの100mダッシュ10本は

内容は同じでも身体に得られる効果は全然違います

看護師1年目が読む「病気が見える」

ICUキャリア10年目の看護師が読む「病気が見える」では

どちらが実践的な知識を吸収できるかは

言うまでもないかもしれません

スポンサーリンク

質ではなく量、量ではなく質

ほとんどまともな練習をせずに勝ち上がってきた

朝倉未来選手の才能は凄まじいです

しかし

同じレベルの才能がぶつかった時に

優劣をつけるのはバックボーンとなる練習の量と質です

正直、量と質を語っている時点で二流以下とも考えています

どんなジャンルでも

トップ中のトップはきっとその次元で物事を見ていません

量は当たり前に多く

質は当たり前に高い

これを目指すべきなのかもしれません

朝倉未来選手は引退はしないようなので

YouTuberとしても格闘家としても活躍をこれからも期待したいです

ではまた:-)

コメント

タイトルとURLをコピーしました